風俗の不安・不満その3「お金がない」

安い店行ってもブスばっかなんでしょ?

風俗に興味がないワケじゃない、でもお金に余裕もないし、そんな金あるなら飲み代や服代や生活費にまわしたい…そんなことを考えるヤツもいるだろう。でもちょっと待ってくれ。風俗はなにもお金持ちだけの遊びじゃないぞ。

そりゃあ金があれば超高級ソープに行けたりとか、アイドル級に可愛いデリヘル嬢を6時間貸し切りにできたりとかするが、何もそんな贅沢ばかりが風俗ではない。金がなくてもそれなりに楽しめるのに、最初から諦めるなんてもったいないじゃないか!

そこで第二の誤解の話になるが、安い風俗店はなんかヤバそうとか思っていないだろうか!?コレ、ハッキリ言って誤解である。
何でもそうだがピンからキリまである中で、安くても質がいいというのは今の時代当たり前なのだ。服でも食べ物でもそうだ。ユニクロもサイゼリヤも、安いのに品質は素晴らしいじゃないかっ!

分かったか?安い風俗店は女の子がブスとか年増とか、あとはサービスが悪いとか不潔とか、そんなのはとっくに昔の話だ。今じゃ安くても女の子はみんな若くて可愛いし、プレイだって頑張ってくれるし、店だって清潔である。だから金がないヤツも安い風俗店を使ってみてほしい。きっとそのコスパの良さに驚くと思う。

もともとの料金が安い、いわゆる激安店を使うのもいいが、イベントとかクーポンとかで普段よりもめっちゃ安くなっている店で遊ぶほうがおトク感があるからオススメ。ちょっとネットで探せばいくらでも見つかると思う。そして思っていたよりもずっと安いことにビックリするだろう。

30分2000円とかの店なんてザラにあるから、むしろ金がないヤツにこそ楽しんでほしい。オナクラとかピンサロは最初から比較的リーズナブルなジャンルだが、デリヘルやエステやソープなどのちょっと高いイメージがあったジャンルだって絶対に安くて良い店はあるぞ。

女の子だって、可愛い子が全員高級店で働くわけじゃない。リーズナブルな店にだって、本数で稼ぐタイプの可愛い子は存在するのだ。要は女の子と店との相性なので、店の料金だけでブスしかいないと決めつけるのは間違っていることこの上なしだ。

どんなに金がないヤツでも、1ヵ月に1万円、あるいは5千円、いや3千円でもいい、それくらいなら風俗に使っても惜しくないだろ?今までの飲み会、パチンコ代、洋服代などをちょっと風俗にまわしてみてほしい。癒されるし幸せになれるし体もスッキリしてこの値段なら全然悪くないと思うぞ。

asiato