風俗の不安・不満その1「なんとなく怖い」

STDの重複感染が怖い

STDとは性感染症のことをいうが、性風俗店を利用していれば、如何なるSTDに感染する可能性がある。それはピンサロでもホテヘルでも、ソープでも同じだ。

特に危惧せねばならないのが重複感染と呼ばれる、性病に複数感染してしまうことだ。日本人にとって比較的多いのが、「まさか自分は大丈夫だろう」という危機感の無さ。

しかしデリヘルでもソープであっても、女性との行為の最初から最後までをしっかりコンドームでガードすることは少ないだろう?挿入がなければ、もはやペニスをガードする必要はないと考える男性は多いはずだ。

基本的に不特定多数の男性がヘルス行為を行う場所において、性感染症の進入経路になるのは、男性器、女性器に咽頭、アナルなどの粘膜部位。男性は粘膜部位を通じた性行為をして言わずもがな妊娠することはないが、ガッチリ性病をもらうことはある!

今回のテーマになっている重複感染は、一つの性病に罹患することで粘膜組織が弱くなり、他の性病にも感染しやすくなることを意味し、特に多いのが淋病とクラミジア、梅毒とHIVの重複感染が多く報告されている。

意識的にHIVに感染する可能性は至極低いという確率論の安心材料がある為か、男性はナマでのフェラチオやクンニなどのダイレクトな粘膜部位の接触にも積極的な傾向がある。恐ろしやである。

性病全てにおいて、すぐに身体に違和感を与えるような劇的変化があるわけではなく、特に前述のHIVや梅毒はその発見が遅くなる為厄介なのだ。HIVは徐々に免疫を奪うので、様々な日和見感染症を発症するエイズの状態になって初めて、感染に気付くという男性は少なくない。

デリヘルなどの風俗を利用していると、ついつい気分が上がってしまいハメを外してしまうこともあるだろう。ソープなどで女の子に「ピルを飲んでいるから……」といってNSでの挿入を囁かれることも少なくないだろう。

しかし風俗の男性利用客は性病感染経路や、重複感染についての知識が追い付いていない者も多い。ひと時のオーラルセックスの数分が原因で梅毒に感染、そしてクラミジア、ヘルペスにHIV感染と芋づる式にSTDに感染する可能性もあるということを、意識として埋め込むこと、これがジェントルマンなりの性風俗店の楽しみ方になってくるのだ。

なお利用する風俗についてもお財布にやさしいことを重視する場合は、女性キャストの性病意識や従業員、お店の衛生管理がナアナアになっているパターンが少なくなく、高級店になればなるほど性病罹患リスクが低くなることも覚えておくといいだろう。

asiato