風俗の不安・不満その1「なんとなく怖い」

風俗のパネマジが怖い

風俗業界遊びにおいて最も悩ましいもの、それはもはやパネマジ以外にないだろう。「パネマジ?」なんて疑問符が付く男達は少ないと思うが、一応説明しておこう。パネマジとはいわゆるパネルマジックのことだ。

よく芸能人が自撮り写真を取っているが、大概胴体の引き延ばしや毛穴、明度などを調整しているよな?それと同様に風俗のプロフィール写真を好き勝手に修正し、加工していくことことはよくある話し。しかしながらその修正が常識を逸脱し、本人と別人の最高レベルのルックス、スタイルに変換し、客が写真と実物の差に驚愕してしまうことをパネマジと呼んでいる。

これはもうヘルス、デリヘルそしてソープでも非常にスタンダードなマーケティング手法と言えるが、そこに一月の我慢料をつぎ込む男性にとっては一大事なのだ。

フォトショが使われることが一般的だが、たかがフォトショ、されどフォトショ。顔の造形に大きさ、全く持って別人級に修正が可能であり、お店そして風俗嬢本人の意向を汲んで、いかに男性客の食いつきがいい写真に仕上げるかがフォトショ職人の仕事だ。

というわけで多くの風俗ではこのパネマジがゆえに、ある種のトラウマを抱える者が少なくない。パネマジが怖い、そして女性を前にチェンジ、キャンセルを言い渡すのもなんだか辛い、そう結局嫌な思いをして損をするのは全て男性側なのだからもどかしい。

しかしパネマジを怖いと思っていたらもはや風俗利用は不可能なので、いかにそのイリュージョンマジックを見破る術を身につけていくかが重要だ。

まず心がけたいのが、女性の動画やブログを確認すること。お店のプロフ写真と比べて修正が少なく、特に動画のパネマジはほぼ見当たらない。また盛大な修正が行われる場所として挙げられる、目鼻、輪郭は要チェックだ。特に目頭切開と二重整形術をしたのか?と思しき最大限まで強調された目元、キュッと尖った鼻元の女性が揃う風俗店は赤信号だ。

また各お店の料金価格が安くなるにつれ、その修正具合は高くなってくるので、パネマジが末恐ろしくて堪らない場合は、高級デリヘル、ソープを狙おう。これらは個人でパネマジを見抜く方法であるが、有志男性による口コミサイトなどをチェックすることも忘れないでほしい。他の経験者からのリアルティ溢れる口コミはお店選びの大いなる手助けになるはずだ。

なお風俗の中でも風俗エステやライト風俗である手コキ風俗などは比較的安定したレベルの女性キャストが揃うので、あえてそれらを選択肢に入れるのもいいかもしれないぞ。

asiato