風俗の不安・不満その1「なんとなく怖い」

漫画の話し?風俗店ってみかじめ料を払ってるの?

繁華街を歩いていると、皆はみかじめ料という言葉を聞いたことがあるか?そうあの暴力団に少しの金品やお金を支払い、お店をおかしなお客やトラブルから守ってもらう、そんな悪しき伝統だ。

昔俺も風俗関連の内勤スタッフをしたことがあるので分かるのだが、特に新宿や渋谷など大都市の風俗密集地域では怖い組織と横のつながり、パイプを持つことはいわゆる用心棒契約のような役割を持っていたんだ。ヤクザ、暴力団……、半泣きしてちびってしまいそうな奴らと関係を持つこと自体、風俗店で芋づる式に出てくるトラブルを解消する荒業として機能していたのは事実。

今でこそみかじめ料を支払う店は減ってきたが、なにぶん風俗店は酔っ払い、外国人客との痴話げんか、本番強要したお客に対しての制裁、はたまた他店から人気女性の引き抜きなどなど、それは多くの問題が勃発していたので、その用心棒代金に見合うバックは享受できていたはずだ。

俺が働いていた新宿のヘルスの場合は、生金で約10万程度の支払いを行っていたが、このみかじめ料の金額が決定される基準は意外に不透明で、旧知の仲の店だとみかじめ料はあってないようなものだし、物品の購入や差し入れとしてそれを贈る店も少なくなかった。正直このみかじめ料には賛否両論があって、「頼もしい!」と思うものから、恫喝や恐喝にも似た行為は逆にネットの発達によりマーケティングに影響を及ぼすという声も少なくない。

某掲示板やSNSであの店はみかじめ料を悪い団体に支払っている、バックに暴力団がいるからあの店にはいくな!なんてな。働く女性、管理者にとっては確かに頼もしい存在ではあるのだが、実際そこに付随する怖みが付いて回り、もうずいぶん前からか、みかじめ料金を支払うことに躊躇うお店も増えてきたんだ。ただ今更、「やっぱ色々負の影響もあるし、お金は払いたくありません……」とは言えず、しょうがなく支払い続けるお店は多い。

ただ今は地方自治体により暴力団排除条例が施行され、この手の用心棒代を支払うお店側も連帯責任として罰則規定の対象になってきた。それゆえに暴力団とは距離をもって接する健全な風俗店も増えてきた。それでも営業している店が暴力団の縄張りにあるからと言って、用心棒代を支払わなきゃならない、ショバ代を支払わなければならないそんな理不尽さを一刀両断できたわけだ。

ヤクザに暴力団の資金源になるみかじめ料、今でこそ「暴力団との関わりをなくす!」そんな素晴らしきコピーが風俗業界で見られるようになったが、それでも不動産契約、新店舗営業の際などにはやんわり毎月の支払をあちらの方々に……と誘導されることも少なくないのだ。

怖いな、だがしかしこんな風俗と界隈の関係は、日本だけでなく全世界で共通のトラブルメーカーになっているということは覚えておくといいだろう。

asiato