風俗の不安・不満その1「なんとなく怖い」

風俗の男性店員が怖い

風俗の店員さんとはどういうスタンスで接すればいいのか、初心者はそういうことにも悩んでしまうだろう。気持ちは痛いほど分かる。
風俗を利用するときに店員との接触は避けて通れないから、ここの部分だけが怖いという声も聞く。だからもしも風俗が無人で利用できるシステムになったら、今よりもっと利用客が増えるんじゃないかなぁ。まぁいろんな問題があるからそれは無理だと思うけど…。

そう、風俗におけるいろんな問題、つまりはこれを解決するためにいるのが男性店員なのだ。たまに年配の女性が受付をやっている風俗店もあるが、それでも男性店員がゼロという店は聞いたことがない。
男性客がトラブルを起こしたときに、女性ではどうしても体力的に負けてしまうしナメられてしまう。だから風俗店には男性店員が必要なのだ。

でも同じ男だからこそ男の気持ちを分かってくれるのはいい点だと思うぞ。風俗は男性が楽しむ場所だから、店員もけっこうオスの部分を見せてくれる。
例えば「この子いいですよ〜」とか「可愛いくてエッチな子いかがっすか〜?」など。普通の店では店員がこんなに「同志」みたいな感じで話しかけてくることはないだろう。

だって、周りに女性がいるから。もっとお固く真面目なのが普通の店員だ。それに比べて風俗の店員は、まるでヤンジャンとかヤンマガの文章みたいな感じで接してくる。悪く言えば馴れ馴れしいってことになるのかもしれないが、客としてはこういう態度は有り難い。なぜならば恥ずかしさがなくなるから。

もう分かったと思うが、風俗の男性店員は決して怖くない。むしろ、楽しくて頼もしい存在なのだ。そりゃ、店のルールを守らない客には怖い一面を見せるだろうが、普通に客として遊ぶ分には何にも怖がることはない。仲のいい男友達のように接すればいいのだ。

こんな子がいいな〜とか、こんなプレイがしたいんだけど〜とか、軽くジャブ打って相談してみるといい。きっといい提案をしてくれるぞ。そのうち何回も通って常連になり、店員とも仲良くなったら新人の子の相手をお願いされたりするかもしれない。店員だって同じ人間であり、同じオスだ。客を怖がらせようなんて全く思ってないんだから、もっとフランクな感じでいっちゃうことをオススメする。

あ、余談だが女にとってデパートの化粧品の店員さんがまさに男にとっての風俗の店員みたいな感じらしいぞ。なんか納得だ…。

asiato