風俗の不安・不満その2「恥ずかしい」

剥けない包茎だから恥ずかしい

皮被り、昔みた男性ファッション雑誌に載っていたタートルネックのセーターから顔をひょっこり覗かせる男性専門クリニックの広告を思い出すな。そう皮被りとはいわずもがな包茎のこと。日本の男性の70%以上が包茎ということもあり、もはやそこまで気にする必要がないのでは?しかし仮性包茎と異なり、剥けない包茎の男性はなかなか悩ましい。

「女の子に嫌われるかも?」、「風俗嬢にもバカにされるかもしれない!」なんてネガティブな気持ちになる男性は少なくない。向けない包茎には全く亀頭が出ない真性包茎、そして仮性と真性の真ん中で締め付けられたような痛みを感じるカントン包茎があるが、どちらも風俗利用には問題はない。

問題がないというと語弊が生じるが、つまるところ皮は剥けない、それはもうどうしようもない事実なんだ!皮被りの事実よりも気を配らなければならないこと、それは清潔感。真性、カントン包茎の場合自分が思っている以上に恥垢が取り切れず、堪らない悪臭を放ったまま放置という男性が少なくない。

包茎ペニスを恥じるのではなく、その考えを改めて、皮被りのままペニスの衛生環境を保てない自分自身を恥じるべきなのだ。風俗嬢の立場からみても恥垢満載、イカ&雑巾臭が漂うペニスを即尺したいと思うだろうか?自分が風俗嬢だったら、と考えれば一目瞭然だよな!

風俗嬢が皮被りペニスにネガティブな感情を持つのは、ペニスの臭さ、不潔さだけでなく、実際恥垢が雑菌の溜まり場となりSTD感染のトリガーになり得るから。そしてイカせる為にいくつかの配慮が必要だからだ。

しかし一番の鬼門であるペニス周りの清潔感を保てさえすれば、そこまで恥ずかしがることなく、風俗嬢を気にせずプレイは可能になってくる。勿論本番が可能なソープでも真性、カントン包茎の場合はコンドーム必着であったり、即尺がNGなどの場合もあり得る。しかしプレイ前にしっかり皮の中までシャワーで洗い流し極力清潔なペニスで応戦すれば、風俗嬢にも白い目で見られることは少なくなるはずだ。

どうしても心配な男性は、予約の際に真性、カントン包茎でもOKな女の子がいるか?または接客の鏡になるキャストを揃える高級店で女の子を指名すべし。ただし真性、カントン包茎の場合、仮性とは異なりプレイにもいくつか制限が出てくることはいたしかたないことだ。

皮被りの自分自身に自信を失い、私生活、セックスに大きな影響を及ぼす男性も中にはいると思うが、そんな自分をどうしても許せないという方は包茎治療を受けるという選択肢も考慮に入れるべきかもしれない。

asiato