風俗の不安・不満その2「恥ずかしい」

ED気味で恥ずかしい

恥ずかしいときー!(恥ずかしいときー!)
いざそのときになって、チンコが全然硬くならないときー!!(いざそのときになって、チンコが全然硬くならないときー!!)

…とまぁ30代以上にしか通じないような、いつもここからの感じで始めてしまったが、分からないヤングはググってくれ。

そう、今回はチンコの勃起問題とそれによる風俗離れについて。って卒論か。
いやでもマジで、元気がないチンコが恥ずかしくて風俗行くのをためらっている層がいるらしい。大問題だ。しかし結論から言うと、ぶっちゃけ気にしなくてイイ!なぜならば相手は風俗嬢だから!これに尽きる。

風俗嬢相手にいちいち恥ずかしいとか思わなくていいのだ。一般の女の子とは違ってプロだから、元気がないチンコなんて見慣れていて特に何とも思わないだろう。当然、「私に魅力がないせいなのかも…」とか落ち込んだりもしない。

「今日のお客さん勃起弱かったなーまぁどうでもいいけど」ってな具合に右から左に流して終了である。だからとりあえず、元気がないことを恥ずかしいと思うのはやめて欲しい。
「あー、今日勃ちが悪いなー」と、さも今日だけのようにでも言っておけばいのだ。間違っても謝ったり言い訳をしたりしないで欲しい。そっちのほうが何倍も恥ずかしいぞ。

とは言え射精できないとなるともったいない気がするのも分かる。せっかく安くはない金を使って風俗に行くのだから、パンパンまで膨らませてドバーッと出したいだろう。そうゆう人は風俗に行く前の数日間溜めておくことをオススメする。溜めるだけじゃなくてあらゆるエロい刺激をシャットアウトしておくともっといいかも。

そうすれば中学生みたいなビンカン小僧にちょっとだけ戻れるぞ。シャットアウト期間はキツいかもしれないが、このあとの快楽のためだと思って頑張ってみよう。サウナ後の水風呂とか運動後のビールとか、そんな感じだ。

あとは、元気がないことを逆手にとって(?)回春ができるメンズエステに行くのもオツなものである。回春とはチンコに元気を取り戻すことで、可愛い女の子がマッサージしながら元気が出るようあれこれやってくれる。

全身のマッサージで疲れも取れるし、ED気味の人も効果を期待して通ってるくらいなので一度試してみるといいだろう。自分1人ではできないような、前立腺マッサージとか男の潮吹きとかで、新たな快感を発見できるかもしれない。当然のことながら回春エステの女の子からしたらED気味の客なんて日常茶飯事なので何にも気にしなくていい。

asiato